門徒総代研修会
 平成17年11月22日、札幌組門徒総代研修会が札幌後楽園ホテルにて開催されました。午後4時30分より開会式、勤行、札幌組組長・総代会会長の挨拶があり、研修講義に入りました。ご講師・本願寺勧学中西智海師による「生きる姿勢としての浄土真宗」の講義に、出席者は真剣に耳を傾けていました。
 19ヶ寺の住職・総代74名が出席し、6時45分研修会は終了しました。7時より同所に於いて懇親会が開催され、各寺紹介、カラオケなどお互いに親睦を深めることが出来ました。

寺族婦人会研修会〜信教寺様をおたずねして〜
 7月26日、台風7号北上の予報にもかかわらず快晴。これも皆様の日常の行いがよろしいせいでしょうか?石狩市の信教寺様に総勢19名でおじゃまいたしました。
 境内で出迎えてくれたのは、色とりどりに可憐に咲き誇るさまざまなお花と、信教寺様ご夫婦の笑顔。お寺に入る道路にある門からご本堂の正面まで約100メートルもの距離にお花が植えられているのです。坊守さんよりお庭作りの苦労話やアドバイスをお聞きしました。
 ご本堂でのおつとめの後、ご住職様よりお寺の沿革などのお話をいただきました。
昼食は石狩ならではの鮭づくしのお料理で食事をいただきながら会話もはずみ、楽しいひとときでした。
 信教寺様からの帰り道は、勝円寺様のご案内で、光明寺様〜松雲寺様〜スウェーデンヒルズを通って、勝円寺様を見せていただいて帰路につきました。思いもかけず第一ブロックめぐりとなりました。日常、留守番の役まわりの多い坊守としては、他のお寺を訪れる機会も少ないため、「とても勉強になった」と帰りの車中での感想です。ありがとうございました。
合掌    寺族婦人会々長 佐々木智子

僧侶研修会
 平成17年7月25日、教化センター札幌別院に於いて、25ヶ寺30名参加のもと、僧侶研修会が開催されました。昨年度より、当札幌組僧侶研修会におきましては、僧研ノートをもとに研修会を開催させていただいております。
 このたびのご講師には、宮本義宣師(中央基幹運動推進相談員・東京教区神奈川組高元寺住職)にご依頼をし、ご出講いただき「同朋教団再生にむけて」と題して、
(1)法名、(2)寺檀制度について私たちの日常的なあり方を通して具体的課題を共有する有意義な学びの場となりました。
(僧侶部々長 出倉恵隆)
第28回北海道教区全道仏婦大会開催される
 去る6月16日、岩見沢市民会館にて 浄土真宗本願寺派 仏婦連盟総裁 大谷範子様ご臨席のもと「第28回北海道教区全道仏婦大会」が、空知南組仏教婦人会連絡協議会主管により開催されました。
札幌組からは総勢134名が参加いたしました。
札幌組寺族婦人会 本願寺参拝研修旅行
 去る4月26日から28日まで、組内寺族婦人会会員の方々12名、担当の婦人部員2名の計14名にて、ご本山に参拝し研修と京都観光をさせていただきました。
今回の研修旅行は、昨年12月に創立30周年記念法要・式典・祝賀会等を開催いたしました記念事業の一環として企画されました。
 26日は、ご本山到着直ぐに、本願寺お裏方様とご面談させていただき、記念事業の報告とお礼をいたしました。
 緊張の中にも、お裏方様との会話の中で婦人会活動・坊守としてのあり方や悩みなどを学ばさせていただき、感動と感謝の中に終了させていただきました。
 お裏方様へのおみやげは、すずらんの苗木と北海道の名産品をお持ちしました。その後、ご本山本堂と荘厳の研修等をさせていただきました。


前回までの行事へ